タグ:ショウビジネス ( 3 ) タグの人気記事

伝説

b0126048_21511735.jpg
安室ちゃんの引退発表にはビックリした。
でも、アスリートのように歌い踊る安室ちゃんにとって、
年齢によってパフォーマンスを維持できなくなったと本人が思うのであれば、
引退という選択肢も大いに頷ける。

きっと来年、スパッとやめてしまったら、
山口百恵のように表に出てこなくなって、
伝説になっていくのだと思う…
と、きっとワイドショーでも言っていることだろう。

スパッとやめたっきりなっている伝説といえば、
私にとってはやはりJUDY AND MARYだ。
2001年3月8日の解散以来、16年半経った今でも再結成はしていない。

彼らの音楽は実に太くて、寿命の短いものだった。
寿命というか…
わかりやすく言うと「20代のYUKIにしか歌えない音楽」だったというか。
30代、40代と続けていけるように自然と音楽を変えていける可能性もあったけれど、
メンバー4人の足並みが揃わなかったんだと私は解釈している。
「そうなったらもう解散一択でしょ」
と、メンバーの脱退ではなく、解散を選択した彼ら。
そして、最後にして最高のアルバムとライブを遺して、
華々しく散っていった彼ら。

解散が寂しいという気持ち以上に、
なんてカッコいいんだ!
当時、高校2年生だった私は最後まで魅力にとりつかれた。

そして16年半経った今でもこんなところでツラツラと思いのたけを書き出してしまっているんだから、
いったいどれだけ強烈な存在なんだっていうね。

話を安室ちゃんに戻すと、
きっと、世の中の「アムロス」と呼ばれる一連のざわざわって、
私にとってのJUDY AND MARYと一緒だと思うんだよ。
筋が通っててカッコいい!
カッコいいまま伝説になっていくのね、すごーい!
っていう。

JUDY AND MARYもカッコいいままでいてほしいから、
私としては再結成はありえないし、特に望んでない。
再結成の必要もないくらい、私の中に生き続ける特別な存在だ。

そんなことを思った息子寝かしつけ後の金曜夜。
久しぶりにJUDY AND MARYのDVDを見て、夜更かしだー♪

[PR]

by kujirafactory | 2017-09-22 22:24

みせる ということ

「好きな人から少しでも可愛いと思われたい」とか、
「上司から、こいつ出来るなぁと思われたい」とか、
「部下から、この人みたいになりたいと憧れられたい」とか、
「この人にこういうことを言ったら喜ぶかな」・・・

そういう意識が欠落していることが、営業職としてどれだけ致命的であるかを知った。

「お客様に、この人を頼りたいと思われたい」
「今お客様にこんなことを言ったら、お客様の心は響くかな」
そう考えて接することには慣れていたはずだけど、
根本的にその深度が浅いことを上司に指摘され、はっとした。

私、本当にゴーイングマイウェイなんだなと。

仕事の仕方においても、営業においても、
「みせる」ということを、もっと考えてみよう。

そしたらまたひとつ階段を上がれる。
[PR]

by kujirafactory | 2010-10-27 23:48 | 仕事

フカ

負荷と付加は紙一重だと思った。
どれだけのものを、付加に変えられるのかが肝心だと思った。

「体重よりも軽くなりたい 軽く話したい」
 by YO-KING 『輝く未来のためのショウビジネス』
・・・切実に。うん。

http://ent2.excite.co.jp/music/interview/2004/yo-king/01.html

『ショウビジネス』の歌詞検索してたらこんなもの見つけちった。
4年前のインタビューらしい。
相変わらずかっこええなぁ・・・
4年前か・・・そういえば、この頃からYO-KING氏の歌うことを読んで考えてたっけ。
あぁ、4年も経つのに、ちっとも近づけないよ。

そういえば、7月に真心のライブ盤が出るんだって。
前にも出してなかったっけ?って感じもするけど、
まぁリリースないと食べていけないからねぇー
・・・なんて、冷やかしてみつつも、やっぱり楽しみだな♪
なんてったって、
『初回生産限定盤には名MC集を収録した特典CD付き!!!』
なんだもん!わー楽しみだな!7月が待ちきれないぜー!

不満はダサい。あー、私は負荷まみれな気がするな。
でもがんばんなきゃ。
あと2日出勤すれば北海道だ!!!!
[PR]

by kujirafactory | 2008-04-20 22:38 | ひとりごと