レインボーレインボー

b0126048_2231554.jpg


都心では虹がかかったそうじゃないか。
葛飾じゃ見えなかったぞ(;´∩`)
[PR]

# by kujirafactory | 2009-05-08 22:31

忙殺GWの果てに

世間はGW真っ只中ですが、
私は4月30日~昨日5月5日まで6連勤でした。
しかもそのうち昨日を除く5日間は2人体制・・・
バタバタしすぎて、狂うかと思いました。
ミニストップ開店当時の緊張感と忙しさを思い出しました。

その疲労とストレスを背にしてか、
いつもよりも「機械的」に対応しすぎた気がして反省・・・

誤解を恐れずに書くならば、
何も考えないで仕事をした結果、私の「お調子者加減」がそのまま出た感じです。
それでも馬の合うお客さんが多かったから良かったの、
プロとしてどうよ?と考えさせられました。

経験値が上がれば上がるほど、使えるアイテムは増えますよね。
知ってる物件や取引先、地域情報などなど・・・
アイテムが増えることが嬉しくて、それを根拠にお客さんに支持されるのが楽しい。
その楽しさに、ちょっとあぐらをかいていたのかも。

今まで増やしてきたアイテムだけで満足して、
あんまり考えて仕事してなかったなって気付いたのは、
忙しくて疲れる5日間が終わった、おとといの帰り道のことでした。


「板についた営業スマイルと言葉遣い」・・・もはや意識しなくても、それだけは完璧。
でも、細かい気配りはできてるのかな。
もっと努力すれば、お客さんにとっての最善の物件が発見されるんじゃないかな。
もっと調べて提案すれば、お客さんは決断できるんじゃないかな。
私は、お客さんに「感動」してもらえるだけのパフォーマンスができてるのかな。
お客さんにとって私は「情報屋」に成り下がってはいないかな。

手持ちのアイテムじゃ対応できないお客さんもいるし、
今の私のキャラじゃ合わないお客さんもいる。
ましてや、この仕事は地域が違えば今までのアイテムがほとんど使えないわけで。
こんな仕事だからこそ、「どこでも通用する人材」になるためには、
「アイテム増やし」以上に「自分自身を高める」ことが必要なのかもしれないな。

今の支店は大好きだけど、一生この地域で働き続けるわけじゃないしね。
でも、この仕事は好きだから、またどこかでやりたいと思ってる。
いざ転職活動をするとなったとき、この仕事に関しては高く買ってもらいたいという欲もある。
(同じ仕事で転職したいかどうかは別としてね)
だからこそ、ある程度自分の営業手法に「型」ができた今、
その「型」に奢ってしまうことが、一番これからの自分の為には弊害になるのかもな。


昔から「現状に満足してしまう」のが、良くも悪くも私の癖。
そこで「考える」ことを放棄してしまわないように、
初心にかえって、また1から自分を大きくさせたいと思った。


ついでに、このGWで催されていた数々の飲み会に行けなかったことが悔しかった。
せっかくいろんな友達が帰ってきてたのに、結局3日にTちゃんと錦糸町で飲んだだけだ。
(でも3日はめっちゃ楽しかったよ。ありがとう!!)

あぁ悔しいな、来年こそは仕事を早く片付けられるようスキル上げとこう。
[PR]

# by kujirafactory | 2009-05-06 11:11 | 仕事

今週のできごと

先週、元同期の結婚式の二次会がありました!

b0126048_2052866.jpg

この日のために一生懸命キレイになった新婦。
きっと一生で一番の瞬間なんだよね。
おめでとう!!



******

昨日、国際同級生の紗希・景子と代官山でランチしました♪

b0126048_20562022.jpg

オニオングラタンスープの器がとても凝っていてステキでした。
チーズも濃厚で大満足!
それにしても2人ともぐんぐん「洗練された大人の女性」になってるなぁー
私、仕事後にコテコテのとんこつラーメンすすってる場合ではないのでは・・・??



******

昨日、すんたくで飲みました♪

b0126048_2123530.jpg

久しぶりに「仕事後遅刻じゃない」「次の日仕事じゃない」状態なので、
ゆったりマイペースに焼酎を流し込むことができて幸せでした☆
代官山ランチもいいけど、
こういう集まりではっちゃけられる大人のほうが、私には合うかも(笑)



******

今日、錦糸町で500円のバッグを買いました!

b0126048_20473357.jpg

破格でしょ!
何の難アリなんでしょう?
わけわからなかったけど、とにかく安かったので即買いでした!
一夏で使い古すつもりです。
満足です。



******


明日、あさっては何をしようかなーー
楽しみだなー
[PR]

# by kujirafactory | 2009-04-26 21:11 | 日記

商売道具

b0126048_23224572.jpg


地図がだいぶ古くなったので、新しい地図を買った。

今までのより軽い。
出版社が同じだから、色味が違うだけで見易さは変わらない。
今までは地域によって縮尺が違ったけど、
今度のは23区一律縮尺で比較しやすい!
(マニアックな話だが、その縮尺が変わるページ間で仕事をしている為、実はとても不便だったのだ)
何より、今までのより安い!

というわけで、かなり優秀な相棒ゲット☆
少しだけ明日からの仕事が楽しくなりそうだ。

軽くなった分、紙がうすくなったから、破れないように使わなくちゃ。
[PR]

# by kujirafactory | 2009-04-23 23:22

小骨

小骨がのどに引っかかったときのように、
ちくりと胸を刺すことがある。

ふと、後ろを振り返って、
今まで諦めたものや置いていったものを見たとき。

もっときちんと勉強しておけばよかったな、とか
あのとき手を抜かずに卒論を書いていたら・・・ とか。
まぁ、つまるところ、
「大学に置いてきたもの」
に対してのもやもやなんだけどね。

あのとき、もっと深く深くを追求していれば、
私と山との関わりは、今とは違っていたはずだよな。
山と卒論と、まっすぐ向き合っていたら、
当時は辛くても、今とは違った素晴らしい景色が見えたのかもな。

卒論で書いた山だけじゃなくて、
1年生の夏休みに行った国とか、
2年生の夏休みを過ごした島と動物とか。
結局、何もかも「ハマる」ことなく投げ出してきちゃったよな。

折々にして
「思うがままの道を選んできた私、胸張って生きてきたぜ!」
って書いてきたけど、
もしかして、そうじゃなくて、
山や谷を避けて通ってきただけなのかな?
って思うことが、たまにある。
もしかして、もしかして・・・

同じスタートラインに立っていたはずの人たちが、
最近、ぽつぽつと各分野で光を浴び記事になっているのを見て、
嬉しい半面、何ともいえないもやもやした気持ちになった。
本当に同窓生だよなって、わざわざ確認作業が必要なほど。

当時は未来のイメージがぼやけてよく見えなかった。
見ようとしてなかっただけなのかな。
とにかく、ここが今光を浴びている人たちと私の最大の違いだよね。
彼らは、「こうなりたい」っていう具体的イメージがあって、
そこに向かうまでに取るべき手段を、意図的に選んでいたんだよね。
感性と衝動に任せてきた私とは、
やってることは同じでも、見ている先はまったく違って当たり前だよね。

もちろん、後悔はしていない。
学生時代に見てきたものや考えたことは、
今の自分に、少なからずプラスのエッセンスになっている。
でも、もっと早くに未来を具体的にイメージできていたら、
やっぱり、今とは違った景色が見えただろうし、
やっぱり、もっと早く開花できたんだろうと思う。

こんなことを書きながらも、
なんでこんなに行き急ぐ必要があるんだろうって反発する自分もいる。
いいじゃん、自分のペースで、自分にしか歩けない人生を歩けば・・・
そう言い聞かせて、前を向き直す。

大丈夫、私のことだから、きっと肯定できる。
まぁ、たまには後ろを振り返って暗い顔してみてもいいでしょう。
「小骨」なんだから、うまく飲み込める。
[PR]

# by kujirafactory | 2009-04-15 00:26 | ひとりごと