<   2013年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

そして忘年へ

b0126048_20504029.jpg

b0126048_20504022.jpg

b0126048_20504173.jpg


どうしてもハッピーな気分で迎えたかった、昨日の忘年会。
昨日は夜からスイッチをMAXポジティブのところまで持って行っちゃいました。

東京タワーが見えるどころか、真下になっちゃって、タワーの夜景は味わえないよー!って感じでしたが、
ちょっと華やかなお店で宴会でした(o'∀')b

名目は忘年会でしたが、不動産時代の仲間と、メンバー同士で結婚したカップルをお祝いしました◎

入籍すると連絡をくれたのは、3ヶ月くらい前の話。
本当に嬉しくて、直前まで話してた私の悩み事が一瞬で吹き飛んだこと、今でも覚えてます。
式も披露宴も挙げないという2人のために、今回、心を込めて幹事をさせて頂きました。

自分たちが楽しいこと、ではなく、主役2人が喜ぶことは何か、重すぎず軽すぎず、心地よいポイントはどこか。
2人をお祝いするゲスト(元同僚)が「祝福の強要」と感じていないだろうか。
場所や予算から演出、プレゼント、いろんなことを考えて準備してきました。

そんな、思い入れの強い、2013元夢忘年会。
昨日はみんなの笑顔がたくさん見れた。
みんながいい感じに酔っていて、1次会にきてくれた全員が写真におさまって、
全員が2次会まで付き合ってくれた。
もうそれだけで胸がいっぱいになった。

今までも、理解し合える部分が多い彼らのことは大好きだったから、一緒に飲んだり遊んだりするのは楽しかったけど、
考え抜いて、相手のためを思った上での宴は、今までの何倍も嬉しくて楽しいなと。

おもてなしマスターへの道はまだまだですが、
大好きな人のために、これからも求められる役割を果たしていきたいと感じた、最高の忘年会でした。

来年はもっとよい年になりますように◎
[PR]

by kujirafactory | 2013-12-30 20:49 | 日記

忘年、その前に。

忘年会の席で、大事な友人達が、私の無欲さに気付かせてくれたのが23日。
それについて、ぐるぐる考えた。
この一週間、仕事かこれかって感じだった。

私、もうずっと何年も、成り行きまかせの人生のままから変わってない。『ハプニング待ち』って言われたけど、ほんとその通りで、いつかどうにかなればいいなくらいにしか、考えてなかったのかもしれない。

普通の人が自然にできていて私ができてないのは、試行錯誤が足りないからで、そもそも、変な方向に頭でっかちなんだよ。

「人生=人生ゲーム」であって、「あれこれ試行錯誤すること=(小さなゲーム)」だとすると、一般的な人は自然に「人生=人生ゲーム」だっていう認識があって、当たり前のように人生ゲームの参加者になってる。
ゲームをクリアしようといろんなことに挑戦できるし、ひとつの大きな人生ゲームの中で、いろんなゲームをやってみたいと感じるだろうし、それが欲として表れる。そうしていく中でゲームの醍醐味(本質)をわかってきたり、得意なゲーム(自信)を知ったり、好き嫌い(優先順位)をわかってきたりするんだと思う。
欲を持つことが正しいとか間違ってるのかなんて、考えない。自然と表れてくるものだから。
もちろん、そんなこと考えて欲を持ってる人って稀だろうけど、たとえばの話ね。

そのたとえでいうと、私は、人生ゲームを傍観していたんだと思う。
「生きてるけど死んでる」感じと言われたのはそのあたりなんだろうと。

3年前にも市ヶ谷で集まって同じようなことを話したことがあったけど(そのとき考えたであろうひとりごとがこちら→http://kujira1983.exblog.jp/14739833/)、あの頃は忙殺されてたから考えるための体がついていけてないんだと思ってた。だから去年の3月に不動産の会社を辞めて、この2年、作れた時間であれこれやってみたつもりだった。でも、潜在的に「人生ゲームに参加せずに人生をまっとうできたらいいな」ってあれこれ頭の中で考えて終わり。だから何事も「とりあえずやってみた」で終わっちゃうんだろうと思う。
そんな姿勢で人生を見ているから、何をやってみても身に染みない。そのうち、身に染みなくてがっかりするのが怖くなって、傷つくのが怖くて、やらなくなる。興味をもつのも億劫になってしまってるんじゃないかと。興味があっても、失敗するほどの経験がないから、それを人に伝えるのが恥ずかしくなる。すっかり「何をやっても楽しくない」「何にも興味がない」って感覚になってしまってた。

さすがに「人生ゲームを傍観する」っていう選択肢はないよね。今こんな状態なので自分の人生を悲観的に見がちだけど、悲観的に傍観してる暇があったら、どんどんゲームをやっていって、どんどん試行錯誤して、へんに気負わずにジタバタしたらいいのではないかと。自分一人で考えてないで、こうなりたいと思う人に近づいて、真似をしてみたら醍醐味がわかるかもしれない。何かを得ている人を観察して、教えを乞いて。

一番肝心な、私の人生ゲームのゴールは何か、という問いについては今回は省略。ぼんやりしているのか、シンプルだけど適当な言葉が見つからないのか。でも、全く見えてないわけではないので、ひとまず横に置いておきます。

私が「ゲーム」とか「気負わずに」って言葉を使い出すと、またすぐに気を抜いてしまいそうって思う人もいると思う。実際私も心配ではある。でもやっぱり、びびって難しく考えてても始まらない。「深刻に」と「真剣に」を履き違えないように注意しつつ…と前置きしつつ、人生ゲームの中にどっぷり参加して、楽しんだもの勝ちなんじゃないかなと。

というわけで、2014年のテーマは、人生ゲームの主人公になり、人生ゲームのゴールのために、大いにジタバタすること。引き続き、毎日毎日を一生懸命生きていきます。
[PR]

by kujirafactory | 2013-12-29 14:29 | ひとりごと

フリーズなう

b0126048_1615066.jpg

※ビールはなうではありません(16時仕事中)

カチカチに凍った。
かたまった。
動かなくちゃーーーきゃああああ
[PR]

by kujirafactory | 2013-12-26 15:57 | ひとりごと

虹!

b0126048_1240870.jpg

NOW!
[PR]

by kujirafactory | 2013-12-20 12:39 | ひとりごと

ハイパー

b0126048_8291470.jpg

昨日、教育係の先輩に『ハイパー』の勉強会をしてもらいました。

『ハイパー』とは、いまの職場で扱っている商品のひとつで、
主力かつ案件も多いものになります。
(どの言葉の略語か書くと業種、社名がわれるので割愛)
今までの商品よりも複雑なので、新人にとってはひとつの登竜門というか、
ハイパーができて一人前、のような位置付けなのです。

要するに、ようやく私も『一人前』になったのです。ぱちぱちぱちぱち…
嬉しい気持ちと同時に、責任をずっしりと感じました。
ますます気を引き締めていかなくちゃ。
[PR]

by kujirafactory | 2013-12-13 08:28 | 仕事

恋バス

b0126048_19413493.jpg

背中を押す歌ってのは、本当にあるんだな。

この歌の歌詞が好きすぎて、
先週ずっとこればっかり聞いて、
気付いたら、私のiTunes内再生回数1位になってました(笑)

来年は、もっと幸せな気持ちでこの歌を歌えますように♡
[PR]

by kujirafactory | 2013-12-11 19:41 | ひとりごと

師走(ちょっと方向性違うけど)

b0126048_230271.jpg

12月になったというのに、
今シーズン、いまだスノボの予定がありません( ; ; )
あ、会社で行くんだった。でも3月…先すぎる。

誰か連れてってー!

って、叫ぼうとして我に返る。
そっか、企画するの、いつも私だったのか。。。
そりゃ、予定もないわけだ。。。ちーん

でも、スノボのまえにー
忘年会してー、同期のお祝いしてー、
あれもしてー、これもしてー・・・
12月は、やることいっぱい(`・ω・´)

こんなとき、器用な人ならどんだけ要領よくできるんだろ?
わからんなー 不思議だなー

うかうかしてると、また春がきてしまう。。
とりあえず、ひとつひとつ手をつけるかーヽ(・∀・)ノ
[PR]

by kujirafactory | 2013-12-04 22:59 | ひとりごと

9合目

まずは、先週の山陰旅行の件。
載せ切れない写真をまとめました。
ここから、私の生年月日8桁で入ってください。

b0126048_12292247.jpg

金曜日、北の国から友達がやってきました!
学生時代のバイト先で知り合い、当時のブログでTと称していた彼女。
いろんなことして飲んだり遊んだり泣いたりしたなぁ。
時給720円で得た、大事な思い出です。
婚約おめでとう♡というわけで、たくさん飲んでしまいました。

b0126048_12292040.jpg

b0126048_1229208.jpg

b0126048_12292185.jpg

そして土曜日は、すんたくで大山に登りました。
先月、台風で延期になった登山部の初陣です。

退院以降、疲れやすい心身にびびりまくっており、
登れないんじゃないか、足を引っ張ったらどうしようか…と不安でしかたがなかったのですが、
なんとか完走(完歩?)を果たしました。

一緒に登るメンバーへの各自の気遣いとか、
微妙な自然の変化に神経を研ぎ澄ましたりとか、
自分の心身との対話とか。
山を登ることで、大事な鏡に向き合えたような気がしていて、
自分の足りないところと、自信を持てる部分とを、
しっかり確認できたと思います。

だから、心底登山をしてよかったなぁと。
足腰を鍛えて、是非また違う山にも登ってみたいなぁと。
とてもよい体験ができた、本当に心に残る一日でした。

2013年もあと1ヶ月。
現在地は9合目といったところでしょうか。
悔いのないよう1年を締めくくれるように、
もうひとふんばり、頑張らなきゃ。
[PR]

by kujirafactory | 2013-12-02 12:28 | 日記