<   2013年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2013 秋に備える

b0126048_21491384.jpg

離れているときでも わたしのこと
忘れないでいてほしいの ねぇおねがい

by 矢野顕子「ひとつだけ」

最近むしょうに夜中起きるようになって、
とりあえず気持ちを落ち着かせるためにこの曲を聴き、
いつの間にかまた眠りに戻ることが多い。

秋だ…この、むしょうに不安定になる秋が、今年もやってきてしまった…
今年も無事に冬を迎えられますように。

♪♪♪

写真は、日曜日に仲良しめぐちゃんの誕生日ランチに行ったときのもの。
りょーちゃんと2人、あーだこーだ考えた挙句、思いきり背伸びしてフレンチを予約し、
超ゆっくりごはんを堪能しました。

あ、ちなみにピアノは、エアピアノだからね。
実際弾いたら公害ものだし。
[PR]

by kujirafactory | 2013-09-25 21:48 | ひとりごと

ひこうき雲

b0126048_14134528.jpg

先週、やっと「風立ちぬ」を見てきた。
戦争とか、結核とか、震災とか。
でも、いつの時代も変わらない人間の心。
ジブリのファンとして言えることは、
宮崎駿監督の引退作がこの作品で良かったってことかな。

本編を一生懸命みすぎて、本編中には泣けなかったのですが、
主題歌のひこうき雲を帰り道に繰り返し聴いているうちに、
なんだかじわじわこみあげて来てしまいました。

この曲を知って20年以上経つのですが、
初めて聴いたときの衝撃を思い出しました。
「魔女の宅急便」が公開されて数年経った頃、
当時ヤマハに通っていた私が
「やさしさに包まれたなら」を発表会で弾くことになって、
それをきっかけに、母が二十歳前後に聞いていた「荒井由実」時代の曲を聴かせてくれました。
ルージュの伝言とか、コバルトアワーとか聴きやすい曲もありましたが、
荒井由実時代の「雨」の情景というか、あのうっそうとした感じが理解できず
(そりゃそうだ、10歳にも満たないガキに何がわかるんだw)
「大人って深いんだなー」とざっくりした感想を持ちつつ、
繰り返しカセットテープで聴いていました。

その中にあった「ひこうき雲」は、そんな「理解できない大人の世界」の真骨頂のような存在で、
それはもう、怖くなるほどでした。
歌の中で人が自殺してるなんて、どうして?え、なんで?って、
恐ろしすぎて母にも聞けず、誰にも話せず、
でも、どうしても聴きほれてしまうあのきれいなピアノの旋律。
私が、不思議な魅力をもった特別な人としてユーミンを認識したのは、このときからでした。

20年あまりの時を経て私の元に戻ってきた「ひこうき雲」
鬱蒼とした世界観も、儚さも、悲しみの中の美しい旋律も、相変わらず説明はつかないけれど、
この曲で泣くようになった分、経験を積み重ねてきたってことかな。そうだといいな。

この曲の奥の奥の部分に踏み込んでみたくて、思わず楽譜を買ってしまいました。
たくさん練習して、弾けるようになる頃、もしかしたらもっと根暗になっていると思うけれど、
曲に向き合う分だけ自分を写す鏡となり、自分を理解し労うことができるような気がしています。

今はとても苦しいけれど、しっかり、自分との対話を重ねる時。がんばんなきゃ。
[PR]

by kujirafactory | 2013-09-21 14:13 | ひとりごと

十倍返しだ!

b0126048_16313562.jpg

もう何ヶ月前になるだろう…区立図書館で予約した一冊の本。
約20人の順番待ちを経て、ようやく私の番になりました。

読んだのは、写真にも挙げた説明不要の話題作、池井戸潤『オレたちバブル入行組』です。
面白すぎて、今朝から一気読みして読了(笑)
我ながらこの集中力には感心してしまいました。

一端の職業人として、徹底的に証拠を掴み取りにいく姿、正しいものを正しく言えること、かける情熱。
銀行と言う特殊な組織とか、人脈とか、権力とか、難しいことはわからないけれど、
人として正義であるべき、こうありたいなと強く感じました。

日曜夜は9時はたいてい眠りについているためテレビドラマは見ていないのですが、
堺雅人(←私の中では未だに新選組の山南さんのイメージ)がこの半沢直樹を痛快に演じているのか…
そりゃ人気に火もつくはずだわ…見ておけばよかったー!!と思いました。

落ち着いた頃にでも、DVD借りて見ようかな。
[PR]

by kujirafactory | 2013-09-14 16:31 | 日記

1ヶ月が経ちました。

b0126048_658867.jpg

↑土曜日に浅草サンバカーニバルで見つけたDJポリス(笑)


8月1日に今の会社に入って、早くも1ヶ月が経ちました。
手厚い研修を経て現場に入り、現場でもそこそこ大事にされて、
まずまずのスタートをきることが出来ています。

仕事の性質上「ゆっくり、確実に」というのが求められるんでしょうかね。
過去2社とは待遇がちがくて、それはそれでビックリです(笑)

今まで、若い会社、若い部署に所属してたから、先輩といっても社歴が1〜2年しか違わない人がほとんどでしたが、
今の部署は10年選手もいたり、社会人経験豊富そうな派遣さんがいたりするので、
リアルに「長く働ける」環境なんだなぁというのを痛感しています。
生き字引並に、何を質問しても答えてくれますしね。

歴史のある組織ゆえ、ぼーっとしてたらいくらでも迎合してしまう気がするので、
少しでも自分が「こうしたい」と思う事があれば、聞いてみたり実践したりしています。
そうやって、自らの意思で「居心地のよい環境」にしていかないといけないんだなぁと。

いい仕事ができるように、これからも頑張らなくちゃ。
2ヶ月目もめきめき成長してやる☆
[PR]

by kujirafactory | 2013-09-03 06:57 | 仕事